>
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.05 (Fri)

すし酢で鯵の南蛮漬け♪

今年のゴールデンウィークは良い天気が続いてますね
皆さん楽しんでられて、どこも凄い人出です。
我が夫婦は普通に仕事して、普通に家で食事をして普通に過ごしてきましたが
明日と明後日は特別に楽しむ予定、なのに・・・・雨?、強風?ええかげんにせいよ
余程日頃の行いが悪いのかな(笑)

昨日も仕事帰りは相楽園に寄って、ジャズライブを楽しんで帰りましたが
ちょっと気が付いたことです。

お店や公園と通って歩いて帰ったのですが、どこを見ても女性ばかりが目につきます。
カップルや家族連れもいますが、女の子達グループが食事やお茶をしてるところが多いです。
ちょっとお洒落な店では、女性ばかりと言ってもいいくらい

それに、だだっ広い芝生の公園があるのですが、そこに簡単なテントを張って
遊んでたのは、この日はママ友グループに女子会?だけでした。
しかもそこへ、ピザーラのお兄ちゃんがピザを持ってキョロキョロしてるのです。

見渡してお客が確認できないので電話したら、反対側の女の子グループが注文したみたいでした。
こんな公園へ持ってこさせる?・・・世の中変わったな

でも男と女の比率は一緒でしょ
男はどこなんだ?
スケボー?バスケ? サイクリング?、それともひきこもり?、何故見ない?
そんなことを思いながら歩いてると、一人で歩いてる姿は男の方が多いのです。
ん~~ん、なんとなく子供の数が減っていくのが分かるようなゴールデンウイークの様子でした。


晩御飯です。
健康の為に青魚を食べないといけない
そう思っても奥さんが好きじゃないし、僕もレパートリーが少なく、しかも煮魚は嫌い
なかなか進まないのですが、スーパーで小アジが目に留まったので買って南蛮漬けを作ることにしました。
でも作る前に奥さんに確認しなきゃね
すると「あの太い骨があるのが嫌」ということで、3枚に捌いて作ったのです。
しっかり揚げてるので小骨はそのまま食べれますよ
IMG_3530170505.jpg

スーパーで買ったアジはこんなの
IMG_2442a170505.jpg
沢山入って200円ちょっと、庶民の味方ですな
昔は自分で捌けなくて、子供と釣りに行って沢山釣って帰って奥さんに捌いてと言うと
奥さんも出来なくて、そのまま冷凍室行・・・結局捨てました(笑)
以来釣っても持って帰りませんでした。
でもね今は主夫ですから、さっと捌けるようになりましたよ

酢は普通の酢がいいと思うのですが、無かったのですし酢を使いました。
ちょっとマイルド過ぎるんじゃないかと心配しましたが、丁度良かったです。
<材料>
小鯵・・・1パック
ピーマン・・・1個
玉ねぎ・・・1/2個
小麦粉・・・適量
★すし酢・・・200cc
★醤油・・・大匙1/2
★砂糖・・・大匙2
★水・・・100cc
揚げ油・・・適量

①タッパー等の容器に★のたれを合わせておく

②ピーマンはヘタを落として縦に切り種を取り、細切り、玉ねぎはくし切りにして1に漬け込む

③小鯵は頭の所から切り込みを入れて折るようにして内臓と一緒に取って綺麗に洗い
  両側のぜいごを取って3枚に下す。

④3の水気をふき取った後、小麦粉をまぶし180℃の油で5分程しっかり揚げ、油を切って
  2にそのまま漬ける
一晩置いたら食べごろです。

骨を意識することなく食べれましたし、弁当にも入れましたが苦手な奥さんが美味しいって
IMG_3531170505.jpg
魚は前処理とか生の状態での保存が難しいですが、健康に良いのでなんとか
もう少し多く食べるようにしたいですね

この日のメニュー
アジの南蛮漬け
鶏のカツと野菜サラダ(惣菜です)
茄子と豚こまの炒め物
飲み物は和ということで日本酒でございます。
IMG_3535170505.jpg


今日はyou tubeで好きなアストルピアソラのリベルタンゴをいろんな方の演奏で
聴きながら書いてます。
今日は葉加瀬太郎の演奏でいかがでしょうか




よかったらポチっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

11:53  |    ┗貝・魚レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑

2017.03.20 (Mon)

イカナゴのくぎ煮とチーズの揚げ餃子♪

昨日は墓参りに行ってましたが、暖かかったです。
春はもう直ぐそこという感じかな

近所の河津桜は咲いてるけど他の桜は当然まだ、次はオオシマ桜の番でしょ
マンションの前にオオシマ桜があるのですが、気のせいか蕾が大きくなってるように見えました。
その次がソメイヨシノに八重桜かな
今年もソメイヨシノが物凄く綺麗で毎年行ってる、京都の哲学の道へ行きますよ
今年の京都の桜開花予想は3月30日頃で、見頃はその1週間後だそうですが
その行く日をちょっと早いけど4月2日ともう決めてるのです。

えらい早いでしょ
その理由はもう一つの楽しみのお昼ご飯があるから
京都・宮川町の割烹・懐石料理水簾に予約を入れてるのです。
ここの料理長は島谷料理長と言って、テレビ番組「雨上がり倶楽部」の料理コーナーに出てくる方で
面白い人ですよね

先日Eテレで島谷料理長が京料理の飾り切りを紹介していました。
お見せしたいけど・・無断掲載になるのでダメですね
その番組の中で作り方を紹介してた蝶の飾り切り、挑戦しましたが薄く切るのが難しくて蝶になりません
まずは包丁がビシッと切れる位、綺麗に研がないとダメですね
修行や修行(笑)


今日の料理はおつまみ
イカナゴのくぎ煮を孫達にあげたのですが、我が家のも沢山残ってます。
弁当にも毎日入れて食べてますが、ちょっとアレンジしてみようと餃子の皮に包んでみました。
IMG_3377170320.jpg
食べると皮のパリッと感とイカナゴのくぎ煮の甘辛さがマッチして、まあまあいけましたよ
チーズがちょっと物足りない感じでしたが
餃子の皮で包む前の中の様子はこんなの
IMG_2153170320.jpg
ま、簡単なレシピです
<材料>1人分
餃子の皮・・・5枚
大葉・・・1枚と1/4枚
イカナゴのくぎ煮・・・一つまみX5
とろけるチーズ・・・一つまみX5
揚げ油・・・分量外

①大葉は4等分し、餃子の皮の真ん中に先の大葉を、イカナゴのくぎ煮、チーズと置き、皮の周りに
  水を付けて折りたたんで形作る。

②180℃に熱した揚げ油でさっと揚げて、お皿に盛ったら出来上がり!

イカナゴのくぎ煮は入れ過ぎると皮が破れるので注意です。
今回は揚げましたが、焼き餃子ならどうなるのでしょうね?
IMG_3381170320.jpg



3連休の最後の日は、いつもの懐メロカバーコンサートに行ってました。
1時間があっと言う間に終わる、いつものように楽しい時間でしたが
セットリストに、こんな曲もりましたよ
1983年柏原芳江さんの「春なのに」・・・懐かしいな

まだまだ、懐かしい曲がいっぱいでした。





よかったらポチっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

19:57  |    ┗貝・魚レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2017.03.10 (Fri)

今年もイカナゴのくぎ煮を作りました♪

神戸の春を代表するいかなご漁
くぎ煮にして、毎年お世話になってる方に送られて喜ばれているようです。

僕が会社勤めの時は、殆ど気にもせず食べることも少なかったように思うのですが
料理を始めてからは、やはり気になって一昨年作って見ようと思ったのです。

誰も教えてくれる人は居ませんから、ネットで調べたりYou tubeを見たりして覚えました。
でもね、料理ってそんなのだけで完全に出来る訳ありませんよね
細かなポイントが分からず試行錯誤で初めたの結果、去年はなんと4kgも作って
その記録もブログに残してるので何となく分かったような気分になってきました。

今年もくぎ煮を作ろうと思ってましたが、なにせ不漁だとの話
解禁日の7日、昼頃スーパーに行ったのですが2か所とも売り切れ
しかも値段がテレビで1kg4000円とも言ってましたからビックリ
2年前は1200円ぐらいで買ってたようですから3倍位の値段でした。

それでもなんとか手に入れようと、水曜日の8日10時半ごろ近くのスーパーへ行きましたが、まだ入荷前
そのまま自転車で三宮まで出て、イオンに行ったけれどやはり入荷前でした。
おばちゃんが店員さんに入荷時間とか値段を聞いてたけど、店員さんはさっぱり分からないと返事
こりゃ大変やな、と思ったのです。

このままじっと待つのもいいけど、時間もあるしね、漁港の垂水まで行けば確実で少し安いだろうから
そのままJRに乗って垂水に行ったのです。
早速、魚屋さんに行くとおばちゃんの行列が見えました。
傍から様子を見ると籠の中のイカナゴももう無く、魚屋のお兄ちゃんが「この後入ってくるから
でもいつかは分からんのです」と言ってるのです。
寒い中、行列に並ぶのもなんやしな、他の店に行けばひょっとして買えるかも、そんな甘い思いを持って
歩いてるとイオンがあるじゃないですか、垂水にもあるんや
まあイカナゴは無いやろと思って入ってみると、なんと沢山のイカナゴ・・・なんで?今入荷した?
値段は消費税込みで3500円、高いなと思ったけどこの後買えなかったらどうしようも無いから
2kg買って帰ったのです。

そして三宮に着いて、ついでにイオンに寄ると、なんと税込み3284円
なんでやねん、同じイオンやのにこっちの方が安いやん
ゆっくり最初の考えのとおり、ここで待っとれば良かった、電車賃使って行ったのに失敗
ちなみに翌日元町商店街の魚屋さんでは2600円、昨日夕方のダイエーでは2500円に割引されたました。

長々と書いとるけど何が言いたいんや?
何事も焦ったらアカン、損するでという話でした(笑)


今年作ったイカナゴのくぎ煮を盛り付けてみました。
IMG_3375170310.jpg
甘辛く、ええ味してて美味しいです。

今後の為に記録です。
今回は2kgで炊きました。
<材料>
いかなご・・・2kg
★醤油・・・400g
★ざらめ砂糖・・・440g
★味醂・・・160g
★酒・・・100g
生姜・・・70g
水あめ・・・大匙2

①生姜は皮つきのまま細切りにして、大きな鍋に★の調味料と生姜を入れ一煮立ちさせる。

②良く洗ったイカナゴを5回に分ける位の感じでいれていき、沸騰したら灰汁をとり落し蓋をして1時間煮る。

③煮汁が少なくなっってきたら、鍋を動かしてイカナゴを返しての煮汁を絡ませ、水あめを入れて
  更に弱火で煮込む。

④艶がでた感じになったらザルに受けて煮汁を切り、パッドに移して冷ましたら完成!
(あまりに詰めすぎると飴が強くなりすぎてくっつくので注意です)

早速、イカナゴのくぎ煮一杯のお弁当を作りました。
今までで一番いい出来だと自分では思っとります・・・あははは、甘い

どんな風にして食べましょうかね


よかったらポチっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

11:53  |    ┗貝・魚レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2016.10.26 (Wed)

〆サバと長芋のブルスケッタ♪


宇都宮連続爆破事件、怖いですね
関係ないのに巻き込まれたりしたら、どこへ言えばいいのか
真面目な大人しい人と言ってましたが、かなり家庭内で問題があったような
真相は分かりませんが、ニュースでちょっと変わった解説をしていましたのでご紹介

元自衛官と言えば、縦社会で上からの命令で動き、自ら考えて自分の責任で動くのとは違うのです。
(そんな勝手な事をしたら、国を守れないですよね)
そんな人が家では一番偉い命令する立場であると思ってしまう(おい、お茶! おい、飯)
典型的な昔の日本の亭主かな

そんな人が定年退職したら、どうなるのか
40年近くそんな状態で働いて、同じくらいの時間、命令がない家庭内での生活が始まるのです。
そりゃ亭主在宅症候群が家族に蔓延してきますよね
結果として、自分が今まで思ってた家庭じゃなく不和が蔓延し、崩壊して爆発かな

昔、定年後何がしたい?
という質問に、1位が海外旅行、2位が国内旅行、3位が趣味だったよな記事を見ました。
これって毎日旅行するのでしょうかね、疑問に思ってました。
趣味が一番いいけど、限られたお金で無茶苦茶多い自由時間を過ごすのは大変
そして続けるのも大変、家庭内に思いやりを持たないと家族は受け入れてくれないですからね
お金を稼いでこないんだから

ここからは嫌われる自分の凄い自慢です(笑)
僕はお金もないから、趣味で料理を作ってます。
毎日食べる物だから余分にお金も掛からないですし、奥さんも喜ぶしね、良いでしょ
そしてやるからには、少しでも上手になりたいって、小さい努力はしています^^
だから、少なくとも不満があって爆弾を作りたいなんて思いません。
ただ同じような年齢の人の集まりで、趣味は料理してますと言って話が合った人は一人もいないですね
女性でも料理はもういいって感じだし、男の風上にも置けん奴やって感じかな
家では粗大ごみだから、仕事に行って無理せん程度にしとくって人が多いです(笑)

そうそう、料理教室にABCクッキングってあるでしょ
あそこで定年後の生徒さんが増えてるらしいですよ
教室では実習するとき女性と区別しないで教えてるらしいけど、おっちゃん連中は
男同士のグループになると、やはり嬉しいいらしいです。
費用は3回で9000円って書いてましたけど、そんなもんかな

僕も行ってみたいなと思って三宮とか西宮の教室を覗いてみたけど、あそこはガラス張りで
外から見えるようになってるからね、可愛い女性ばかりだから一緒には絶対無理・・・あははは
家で一人こそこそ作っときますわ(笑)

昨日の晩御飯です。
ほんと体重がジワジワと増えてるから、ここはなんとかしなくては
そんな時は魚が一番
それでスーパーをウロウロしてたら目に入ったのが〆鯖

丁度クックパッドでおうち居酒屋レシピコンテストがあったので、それに応募しようと考えたのです。
〆鯖ってそのままでしか食べた事しかないけど、それじゃアイデア料理にならないしね
長芋のブルスケッタにしてみようと思ったわけ
で出来上がったのがこれ!
〆サバと長芋のブルスケッタ
IMG_2695a.jpg
味はどんなのかというと、酢の物があまり好きじゃない奥さんが
〆鯖の酢が消された感じがして食べ易いって
確かに大葉と長芋のニンニク醤油で〆鯖が円やかになってます。

<材料>2人分
〆鯖・・・6切れ
長芋・・・6cm
大葉・・・2枚
醤油・・・大匙1
にんにくチューブ・・・1cm
オリーブオイル・・・大匙1
茗荷の漬物・・・お好みで

①醤油とニンニクは合わせて混ぜておき、大葉は斜めに3等分する。
  長芋は良く洗って1cm幅に6等分しておく。

②フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、1の長芋を両面焼いて色づいたら
  1の醤油とにんにくを掛けて1分程度焼き、皿に円形に盛る。

③2の長芋に1の大葉を乗せ最後に〆鯖を乗せた、真ん中に漬物を添えたら完成!

別名、ただただ〆さばを乗せただけとも言う(笑)
IMG_2702a.jpg
真ん中の茗荷の漬物は、京都の近為で買ったもの
色合いがいいでしょ

この日のメニュー
〆サバと長芋のブルスケッタ
竹輪きゅうりと漬物の盛り合わせ
お酒はね、日本酒、美味しいね
IMG_2699a.jpg

それでね、このレシピをクックパッドにアップしようとしたら
おうち居酒屋のレシピコンテストは・・・もう終わってた、あ~~~あ



よかったらポチっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

11:51  |    ┗貝・魚レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2016.09.26 (Mon)

盛り付けを変えてみた秋刀魚の揚げ出し♪

夏も終わって涼しくなってきました。
服もそろそろ秋物を用意しないとね、なんて言いながら無いのです、買わなくっちゃ

神戸で一番賑やかな三宮センター街に行くと、これまた華やかな服装の方が沢山
特に神戸の女性はァッショナブルだと思うのです。

その中で、ファッショナブルを超えて奇抜な方なのがコスプレ
目立つなんてものじゃなく、大丈夫なの、こんなところでそんな格好しなくてもと思うのですが
コスプレを楽しむ女性は周囲の視線を感じながら歩くことを楽しんでいるんだと聞きました。
だけど写真を撮ろうとすると怒られるらしいですよ
アナタの為にこんな格好してるんじゃない、勝手に撮らないで!って

もう一つ別にコスプレじゃなくかなり目立つミニスカートを穿いてる人は、男って事があるのですよ(笑)
遠くからでも目立つのであれって凄いななんて見てると、骨格がどうもごつごつとしてる
胸も膨らんでロングヘアーなのですが、目の前に来るとオッサン顔はごまかせない(笑)
もし女性だったら、大人しい感じの服になるでしょ

やっぱり目立って見られたいってことなんでしょうね
服のセンスが女性とは違って、どうも目立つ事が目的だからアンバランスなんですよ

そうそう、思い出したのが阪神競馬場に通ってた頃、セーラームーンの格好をしたおっちゃんがいましてね
全体ピンクの超ミニなんですよ(笑)、その恰好で馬券を買ってるのです。
ところが女の子に人気で一緒に記念写真なんか撮ってましたね
結構この競馬場に出没するおっちゃんで、ここで着替えてこんな格好するんだろうな、なんて思ってたのですが
なんと阪急電車の車内で見たときには流石にビックリ!
勇気あるな、と思いがら家族は居らんのかなとも思いました(笑)

でも犯罪じゃないから、ご自由に・・・ですね^^;


晩御飯です。
スーパーでも秋刀魚が沢山出回ってます。
僕は秋刀魚、塩サバだけは大好きで、脂がのった秋刀魚を良く焼いてじゅわ~~としてるのは美味しいでしょ

でも奥さん、秋刀魚は開きでお願いって、あまり好きじゃないのです。
そこで今日は反省シリーズ第3弾、見た目を変える秋刀魚の揚げ出しにしましたが
2年半前に作ってましてね、こんな感じでした⇒秋刀魚の揚げ出し

確かに食べ易かったのですが、見た目秋刀魚に見えないでしょ、出汁が多くて沈んでしまってます。
だから今回は出汁を少なくして、秋刀魚の尻尾を出して秋刀魚と分かるように盛りました。
IMG_2411a.jpg
今回もじっくり揚げてますので骨まで食べれて、食べた後は綺麗に何も残りません。
ところが奥さんは途中から骨まではギブアップ、ほじほじして食べてましたが残念やね
秋刀魚焼いたの飽きたという時に、こんなのもどうぞ!

<材料>2人分
秋刀魚・・・2尾
大根・・・10cm程度
なめこ・・・1袋
ししとう・・・4本
片栗粉・・・適量
★水・・・100ml
★白出汁・・・大匙2
★醤油・・・大匙1
★みりん・・・大匙1
★酒・・・大匙1
サラダ油・・・適量

①秋刀魚は頭と内臓を取ってよく洗い、4等分し水気を切ってポリ袋に片栗粉と一緒に入れてよく揉む

②サラダ油を180℃に熱し、1を入れて10分揚げる。
  途中、ししとうを軽くさっと揚げる

③鍋に★の水と調味料を入れ一煮立ちさせ、大根を摩り下ろし水分を切って洗ったなめこと一緒に入れる。

④器に2の秋刀魚の尾が立つように盛り付け、3の出汁を掛けたら完成

出汁も美味しいので、スプーンで最後まで食べてね
IMG_2408a.jpg

今日のメニュー
秋刀魚の揚げ出し
冷奴
胡瓜の漬物
野菜サラダ
日本酒がいいけど、ここは残ってる安いビールで
IMG_2414a.jpg

最後はまた猫の話
甘えるのが上手なイツカが、奥さんの布団に入ってるのです。
目がパッチリと可愛いでしょ、一緒に寝てると温かいのですよ
IMG_2416a.jpg

そしたら、お目めがとろ~ん
IMG_2421a.jpg
幸せやな

「イツカ、お前はお母さんばかりやな、父ちゃんとこに全然来んやんか」と言ってやりました。
次の日、試しに奥さんのベッドで横になると、なんとイツカがやってきて一緒に横になったのです。

それを見た奥さん
「こらイツカ、お前は誰でもええんか、もうわかった、おやつやらんから」

イツカは言ってるのでしょうね
「人間の世界はややこしいわ、俺はどうしたらええんにゃ」(笑)



よかったらポチっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

10:25  |    ┗貝・魚レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT