FC2ブログ
>
2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2010.02.04 (Thu)

介護その後1

訪問頂いてるみなさん、本当に有難うございます。
今になって、事の重大さに気づき始めたメタボ夫婦です。

暗い内容を書くのをどうしようと、戸惑いますが
今は似たような方の情報が欲しく、また、今後の参考になればと思い
経過を書いていきたいと思います。

前回、退院し、ひと騒動して翌日落ち着いたと書きました。
その晩、前日寝れなかったようなので、新しい主治医に依頼し
睡眠導入剤を出してもらい、服用しました。

ところが翌朝、体が全く動かない、声がでない、足を痛がると異常な
状況になり、看護師に来て貰って、救急車を呼び市民病院へ行ってもらいました。

前日のベッドから落下から、再び骨に影響があるのではと思いましたが
レントゲンの結果異常なし、CT、MRIも全て異常なし
しかし、意識障害でまともに喋れず、ベッドに横たわった状態です。
医師から「問題ないので帰ってください」
朝の11時に入って、もう夜中の11時、12時間待って
「どうやって帰るのですか、点滴も必要なのに」
と無理を言って、渋々入院させてもらいました。

どうも容態に理解できない事が多い
いろいろ、自分なりに調べてみたら「せん妄」になっていることが
わかりました。
この「せん妄」という言葉も全く知らず、それらしい説明は受けたかも
知れないのですが、知識不足でした。

一時的な、妄想や情緒不安定、記憶が出来ないという状況です。
こうれは、手術すると若い人でもなるらしいですが、すぐ戻るらしいです。
ところが、母親はどうも年末あたりからなっており、現在まで続いています。
だから、家に帰った時、自分の家とも理解できず、不安で異常になったようです。

このことを、ケアマネージャーに話すと始めから分かっていたようです。
先日、市民病院の医師からも、せん妄について説明をうけましたが
認知症のある人は、完全に元に戻りにくいとも言われました。

つまり、病院にいる限り「せん妄」は解消せず、悪い方向に行く
早く帰って、少しでも落ち着かせることが必要とのことです。
だから今回は、できるだけ病院に行って母親の要望を聞いてあげてる状況です。

容態は、日曜日に元に戻りましたので、退院はもうすぐですが
今の状況が続けば、づっと付っきりで家から離れることができません。
今度は、オイラの気を抜く所がありません。
考えてるだけで、胃が痛くなる状況です。

なんとか、一時的な助けを貰うデイサービスやショートステイといったサービスも
利用できないかと相談に行ってますが、食事を少ししかとらず
現状点滴が必要なので、断られているのが現状です。

今日も、別の施設を訪問し、今後利用できるか確認しましたがダメでした。

今、八方塞がりの状態です。

奥さんには、普通どうり仕事に行き、ストレス発散するように言ってます。
後、私も早く見つけないと、壊れてしましそうでちょっと怖いです。

たった、3カ月足らずの間に大変な介護になってしましました。

とにかく母親について安定させる、こんな日が続いています。




14:30  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |