FC2ブログ
>
2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2010.02.07 (Sun)

介護その後2

今日、母親は退院して家に帰ってきました。
その間、やはりいろんな事がありました。


母親は毎日夕方6時ころから淋しさが増し、日暮れ症候群とでもいうんでしょうか
不安定になってきます。
しかし、晩7時になるとオイラは家に帰りました。(歩いて5分程)
晩御飯や休養を取りたいという思いです。

金曜の朝、主治医から退院日決定の連絡があり
その後、
病院から「退院間近で申し訳ないが病室を変えたいので了承してほしい」というのです。
オイラ「ちょっと待って下さい。せん妄が激しいので変えたくないんです」
病院 「分かってます。でもこの病棟は循環器なので理解してください」
無理やり入院させてもらった経過もあるので、渋々了解しました。

点滴も退院準備で終り、薬に切り替えの説明を受けたのですが
パジャマや毛布、布団に血がついていていました。
それに何か変です、元気がありません。

どうも夜中に激しく動き、点滴を自分で引き抜き、大きな声を出したんでしょう
それで、周りの患者さんからの苦情なんでしょうか
仕方なく眠剤を2回飲まし、静めたようです。
仕方ありません。心臓の手術をされたような方も居られましたから・・・

でも後2日なのに、自分の努力が一変に元に戻ったような気分でした。
次の病棟へ行った時、その病棟の責任者から
「責任が持てない、眠剤を使用するか家族が付き添うかどちらか決めてほしい」と

眠剤が今回の入院の原因になったのに、今回の使用で元に戻った。
使えばもっと異常になる。

決断をしました。
退院までの2日間、泊り込んで付き添うことに・・・・

とにかく、そばに付いて安心させようと考えましたが
1日目の真夜中、急に痛がり1時間以上足をさすりました。
止めると直ぐ要求してきます。
そんな時、夜勤の看護師さんがやってきてくれて、痛み止め
を飲まし、怒る母親の態勢を素早く変えて楽にしてくれました。
これで助かりました。
2日目は、オイラも母親の状態を少しずつ理解できてきて
対応の仕方がわかってきました。

今、家に帰って落ち着いています。

少し前進できました。

これも偶然ですが、いつかは介護の時がくると準備し、
昨年4月会社を退職する旨を伝えて、準備してもらったせいで
会社には迷惑をかけてますが、なんとか対応してもらってます。
退職準備が無ければ、仕事と介護では精神的に持たなかったと思います。


まだ不安は一杯ありますが、温かいコメントを頂いてる皆さん
本当に有難うございます。
いつか恩返しができれば、とも思ってますが・・・・

「とにかく、やれるところまでやってみる」
こんな思いで頑張っています。
21:53  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |