FC2ブログ
>
2010年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2010.02.16 (Tue)

第一関門突破

日曜日、母親のリクエストで久しぶりのすき焼きをしました。
ところが、鍋を探しましたが見当たらないんですよ
捨ててしまったのかな??

奥さんが代理でフライパンを使って、なんとか完成させてくれ
母親も美味しいと言って食べるようになりました。
肉は食べやすいように、柔らかい牛肉を買ったので
ほんと美味しかったです。

母親にも、やっと食欲が出始めました。
005_convert_20100216194312.jpg

母親の入院が始まり、全く食べなくなってから3か月
点滴で過ごす毎日、入院中はあまり気にならなかったんですが
退院後、食事を自分でとらないと介護サービスが十分に受けられ
ないことがわかり、随分と悩みました。

病院、施設やサービスステーションなどからは「胃ろう」を勧められました。
胃に穴を開けて直接、栄養剤を流し込む方法なんですが、口から食べることも可能で
食欲がでれば元に戻すのも可能と・・・
これなら看護師が不要で施設の人も対応できるらしいのです。

しかし、若い人が一時的に利用すのはいいが高齢者はほんとにいいのか?
飛び込んだ施設で実際の話を聞くと、認知症の方で
食べ物を飲み込む事を忘れてしまった人(えっ・・そんな事があるの)
とか、飲み込む力が弱ってしまった人が胃ろうをしているようです。
高齢者は最初嫌がっても、結局楽なほうへ流れ実際は復活することは難しいとのこと

そんなモヤモヤとした状況が続いていましたが、やっと「母親からお腹が減った」
という言葉がで出て一瞬ほっとしました。

いろいろお世話になってる方から、良かったねと労いの言葉も頂き
嬉しく思ったのですが、今度は出す方がトラブル続き
病院へ毎日通ってる日々を過ごしてます。

次の目標は認知症の進行を遅らせること
これも結構きついです。
毎日夕方から発症するので、家庭が暗くなってしまいます。

状態が安定している時は、普通の老人と違わないくらいないので
これも努力して、なんとか専門病院に行って止めたいです。

まだ料理を作る余裕はありませんが
周りの方の協力で、30分程の朝の散歩を一人でできるようになりました。

もう少し、頑張ります。



テーマ : 日記 ジャンル : 日記

19:47  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |