FC2ブログ
>
2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.02 (Fri)

最後に笑うのは嫁か

旅行気分が抜けない今日、2010年下半期がスタートしました。

<いきなり愚痴の記事です>

もう、え~加減にせい

ばあちゃんです。

今日朝からヘルパーさんに来てもらって、1時間面倒見て貰いました。
オイラが帰った時、ヘルパーさんが
「良かったですね、トイレ元に戻って」
オイラ「はぁ?」
ヘルパーさんの時は、1回だけのトイレで済んだらしい。

ばあちゃん、何故か分からないが、家にいる時
10分に一回位トイレに行く事があるのです。
病院に診てもらいに行ったのですが、問題はなし。

他の情報でも、他の人が見てる時はどうも普通らしい???


それから、整骨院へ足のリハビリ兼ねてマッサージに行きました。
これが結構よくて、本人も気に入ってるし、痛みも取れてきたみたいで
少しずつ、歩く動作がスムーズになっている。

これが、どうも自信過剰になって災いが起きた。

今日の昼ご飯、オイラが準備して一緒に食べて
オイラは先にPCを見に、部屋に入ったその後

ドンという音をたて、ばあちゃんが後に転倒して頭を打った。
両手には茶碗と皿を持っていた。
台所に持って行こうとしたらしいが無謀、歩行器も使わずに。

「アホか、何しとんや!」
「ちゃんと歩かれへんのに、コケるの分かるやろ!」

「親の心、子知らず」じゃなく
今は「子の心、親知らず」ですな、
せっかく、歩けるように努力してんのに


頭の側頭部から血を流している。
意識ははっきりしているが、血がどんどんでて服から、床に血が付いていく
心臓が悪いから、血が固まらない薬を飲んでるし・・・・
ところが、ばあちゃん首が回らず自分の血が見えない
平然と「起こしてえな~」とほざいている。
痛みもそんなに無いみたい。

慌てて救急車を呼んで、また病院に行きました。
検査した結果、大した事なく3針ほど縫って血も止まりました。


昼から時間が全部潰れました。

疲れた。

家に帰るなり、「あれが無い」「これが欲しい」
オイラ「ええかげんにせい、自分のことばっかり」

帰ってきたら、また、しっこ
1分も経たず、また、しっこ

オイラ「何しとんね、今、行ったやないか」
ばあちゃん「あ、今行ったかな、またしとうなった」

その後、また行っている????

「何か、恨みでもあるんか」

調べて貰っても、膀胱炎でもありません。


今日の晩御飯
急遽、奥さんに電話して晩御飯を買ってきてもらった。

そしたら、ばあちゃん
「晩御飯や、食べよ」と言って、歩行器を使わずテーブルに向ってくる。
オイラ「アホか、なんで歩行器使わんのや」
(昨日まで、必ず歩行器を使って歩いていたんですよ)

奥さんと晩御飯を食べながらのナイショの会話
奥さん「ばあちゃん、後10年は生きるな、強運の持ち主やし」
オイラ「え、ほな、オイラの年は66歳」
奥さん「それで、ばあちゃんポックリ、その後息子はホットして
        糸が切れてあの世やな」
   「結局、残った嫁が笑う・・・・・かな?」
オイラ「そんなうまい事いくか??
奥さん「それとも美人薄命で、私が先かな?」

ため息ばかりの後半戦、スタートです。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

19:29  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |