FC2ブログ
>
2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.07 (Wed)

ギブアップ寸前

今日の記事は書こうか迷いました。
今、とても料理や弁当の記事を書く余裕はありません。
でも、事情を知ってほしい気持ちもあり、書くことにしました。

今後、記事の更新や、コメントの返事も大変遅れるかもしれませんので
申し訳ありませんが、ご理解お願いいたします。



前回、ばあちゃんは何事も無なかったようにしていると書きました。

日曜日の昼、腰が痛いと言い出しましたが、まだ今までどうり歩いていました。

ところが月曜日の朝、AM4.30分頃、再び転倒し
慌てて見に行きましたが、尻餅をついた状態でした。

外観はなんともないんですが、でも歩けません。

月曜日の朝、掛かり付けの病院へ行き診て貰いましたが、骨折ではなく、筋肉痛との診断
主治医「腰、あ、問題ないわ、頭の傷も問題なしや」
痛み止めブロック注射だけで終わりました。

以前頻尿についても、「膀胱炎じゃない、問題なしや、年で緩んどるやな」
ということで、薬貰いましたが全く変化ありません。

その後、整骨院へ行って診て貰いましたが同じ診断でした。

そんな状態で、夕方からトイレが頻発します。
でも歩けません。いや、動かないんです。
二人がかりでやっとこさ、終わらせます。
その間、「痛い、怖い」と凄い力が入ってます。

20分から30分の間隔で、痛い痛いと言って起き上がり
トイレの要求です。
「おしっこは出るわけないんやから、少し我慢せい」と言っても聞きません。

みなさん、こんな時はどうしますか?
無視するのも、一つの手とも思うのですが、どうしても手助けせざるを得ない状態です。

こんな状態が,朝まで続きました。
二人とも寝ることができませんでした。

こんなことが3~4日続いたら、メタボ夫婦が潰れると真剣に考えました。

再度、火曜日の朝、市民病院の救急に連れて行き、診て貰いました。
予想どうり文句を言われながらも、こちらの事情を説明し診察してもらいましたが
進展はありませんでした。

非常に苦しい状態でしたのでケア・マネさんに説明し、その日のデイサービスを
予定どうり見て貰いました。
(体調が悪いからという理由で断られたら、どうしようと非常に心配でした)

ケア・マネさんは状況を察してくれて、最大限の協力を約束してくれました。


ところがです、午後3時ごろ電話がありました。
ケア・マネ「デイサービスで様子見ましたが、ニコニコして何の問題も無く
      腰痛の訴えは無く、トイレも3回と普通、脳トレも楽しくやってて
      認知症じゃないと思えるんです。家とデイサービスでは別人みたいです」

どういうこっちゃ
メタボ夫婦が、嘘を言っている?大げさに言っている?
納得がいきません。

ばあちゃんが、デイサービスから帰ってきた時に聞きました。
メタボ夫婦「あれ、向こうでは気分良かったん?

そしたら、耳を疑う返事が返ってきました。
ばあちゃん「我慢しとっただけや」

どういうことや、ほんなら家でも我慢せいや!
母親というより、人として人間性を疑います。

そして、家に帰ってくるなり「しっこ」
横になっても、痛い、痛い、、、何にも変わってません。
晩御飯食べる態度も横柄になってます。

ケア・マネさんに電話して、家に来て今の状態を見てほしいとお願いしました。

早速、来てもらって様子を見て貰いました。
オイラ「ご飯食べる時、殿様のように肘ついて食べてました?」

返事は、「いいえ真っ直ぐ座ってられましたよ」

トイレする様子も診て貰いました。
二人がかりで対応です。ところが、デイサービスは一人でやってて問題無し

電話で担当者に確認してもらい、何が違うのか聞いてもらいました。

ケア・マネさん曰く「全く、別人みたいですね」

そこで、ケア・マネさんばあちゃんに質問しました。
2つ程質問した後、

ケア・マネ「今日は、何月何日ですか?
ばあちゃん「え~と2月、何日かな」
ケア・マネ「じゃ、冬だから寒いですね」
ばあちゃん「え~、そんな日もあります」

それを横で聞いてた、メタボ夫婦が最も寒い思いをしました

壊れてる!!!!

ケア・マネ「完全に認知症です。記憶がいくつも大きく欠落しています」
      もう、戻るのは無理と思った方が良いと思います」

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

18:23  |  介護  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |