FC2ブログ
>
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.09.09 (Sun)

平清盛「わが都、福原」

いよいよ、清盛が出家をして神戸の福原に向かいます。
一方では源頼朝が伊豆で過ごしてる様子もありますので、2元中継ですな・・・あははは


番組のあらすじはNHKのHPからご覧ください⇒

前回までの解説と新相関図はこちら⇒


最初に書いたように、伊豆での源頼朝の話と、清盛の話は同時進行のように思いますが
実は随分と違う時期の話なんですね

清盛が出家して、福原へ行くのは1168年51歳の時の話なんです。

一方の頼朝は伊豆での暮らしについては、詳しい事は分かってなくて1180年からが
記録として残ってるようです。その1180年に打倒平氏の思いを書いたものは、奈良
国立博物館の「頼朝と重源」展で見れますよ・・・あれ、もう終わったかな?


今日は、その頼朝の伊豆での話しを纏めてみたいと思います。
頼朝が伊豆に流されたのが1160年で14歳の時、約20年伊豆で暮らした事になります。
その様子を図で表してみました・・・・ややこしくてスミマセン!

izu11_convert_20120909071949.jpg

平家の伊豆の豪族、伊藤祐親(すけちか・峰竜太)の監視下に置かれます
その祐親が京都へ行った間に、娘の八重姫と恋仲になって千鶴丸が生まれます。

しかし、それを知った祐親は激怒して千鶴丸を殺害してしまい、同時に頼朝を暗殺
しようとするのです。
この時が、頼朝の2度目の危機だったんですね

それを知った頼朝は、必死で逃げて伊豆地方の豪族・北条時政に助けられるのです。
そしてその娘と結婚したのが、北条政子・・・後の頼朝の正室なんです。

ただこの話、伊藤祐親と北条時政・政子は事実ですが、中間の話は????
どうやって力を付けていったのか、実際の事は分からないようです。


話は戻って清盛です。
病気を克服して、元気になった清盛は出家して六波羅の館を重盛に任せ、自分は以前から
の夢だった日宋貿易に専念しようとします。
(この時が1168年ですから、頼朝はまだ大人しくしてて何も無かった時ですね)

そして、その場所は神戸の福原で、1180年まで約10年住み続けます。

近畿の地図をお借りしました。
九州の大宰府で貿易してた船を、瀬戸内海航路で出来るだけ近くまで持ってきて
小さな船に積み替えて、淀川を上って京の都まで運びたい・・・そう考えたのでしょう
その最適な場所が、山陽道も通ってて泊がある場所・・・・そう神戸が最適でした。
kinnki.gif

昔の川はセメントで固める訳もないですから、砂が入り込んで滞積し浅くなるんです。
だから、清盛の時代より前から京の都に送る時は、大輪田泊で小船に積み替えて淀川を
上っていったそうです。


その福原ですが、どんな形で今何が残ってるのか、と言われても残念ながら、殆ど何も残っていません。
発掘調査等で、ここに屋敷があったというのでその碑が出来てます。
ここは「雪見御所」と言って清盛山荘があったと推定されてる場所です。
058_convert_20110711101816.jpg
発掘調査で、建物の方向や大きさが分かっています。

その直ぐ南側には、頼盛の別荘があり安徳天皇が居たとされる荒田神社があります。
053_convert_20110711114549.jpg

ほんとはここで、その当時の建物なんかが御見せできたらいいのですが
あるのは神社や碑が殆どなのが残念でしかたないです。

余談になりますが
「平家にあらずんば、人にあらず」と言ったのは、清盛と思われてる方も
居られると思いますが、これを言ったのは時子の弟、時忠だったんです。

ドラマでもそんな感じが表現されてると思いますが、清盛に実績によって
昇格した人物で、清盛には大きな欠点でしたね


さあ、今日はどんな内容になりますか




okazu03[1]



参考になった人、ぽちっと押してね!

テーマ : 雑記 ジャンル : 日記

09:00  |  平清盛解説&ゆかりの地  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/1262-42e74ac4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |