FC2ブログ
>
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2012.10.25 (Thu)

豚バラ巻きの高野豆腐

今日は、いやいや、今日も、どうでもいい話

殆ど人気の無い、大河ドラマ「平清盛」の記事
ま、自己満足で最後まで書くつもりですが、もうちょっとという所

清盛の居た平安時代後期とはどんな時代だったんだろう
そして900年経った現代と、人間の考え方はどこが一緒で、どこが違うんだろう
そんな事を考えるのであります。

以下は、今の自分の浅はかな知識で書いてますので、誤りがあると思いますがご容赦を!

それぞれの人が生きた年代です。
平清盛     :1118~1181
後白河法皇   :1127~1192
法然      :1133~1212
親鸞      :1173~1262
皆、同じ様な時代に生きた人々です。

清盛が生きた平安時代末期
食べ物としてのコメは貴重品で、上流階級の公家や貴族が食べており
一般庶民はアワ、キビ、ヒエだったらしいです。
米は作っても、税として取り上げられてたのでしょう

その上流階級に匹敵するのが僧侶でもあったのです。
人は天皇から一般庶民まで、同じようにやってくるのが「死」
これだけはどうしようもない

だけど死んだ後、地獄に行かずに仏により浄土に導かれたい
だから生きてる間に、仏に仕え、念仏を唱える
そのために、天皇は法皇となって立派な法会を執り行うんですな
「自分は絶対天国へいくんや」

そうすると、その法会を執り行う僧侶もそれなりの位という物が必要になってくる
結果、天皇を頂点にした階級社会と同じ様に僧侶も階級社会が生まれるのです。

となればトップの密談があって社寺は無税でよい、荘園も持ってよい
その代わり、「俺のために盛大に拝んでくれ」なんでしょうか

そうなると当時の社寺は、今の役所の○○省みたいなもんで収入を確保する
それを運用し、天皇や貴族に貸し付けて増やす、そして勢力を伸ばす
どうもそんな感じだったんですね
だからその財産や面子を守るため、お寺に僧兵がいて、強い弁慶なんていうのもでて
くるんですね

大河ドラマにもよく出てくる強訴、ちょっと気に入らないとか、面子を潰されたとか
あれは社寺が階級社会であったことを示す現象でもあるような気がします。


それに対して、一般庶民は食べ物にも困り、流行り病で短命のようでした。
鴨川の河原には、死体がゴロゴロと転がり、その衣服を取って暮らすもの
人を騙し殺めて暮らすもの、博打も流行ったようです。

ドラマの最初の方で、白河法皇(伊藤四朗)が出家後、全ての生き物を殺してはならぬ
魚も動物もと言って、庶民を困らせた場面を覚えてられるでしょうか
貧しい暮らしの中で、魚介類は今の暮らしと変らないくらい豊かだったのに、それを自分が
仏に仕える身となったことで、殺生はならぬと無理やり民を従わせた事
それは、それは食べ物に困ったのでしょうね

幼少の清盛はそんな時代から生まれ、育ったようです。
そんな時代を少しでも、ドラマでは近い形で再現したいと思ったNHK製作者だったんですが
それが「画面が暗い、醜い」と言われてしまったんですね

そんな時代でも、後に登場する後白河法皇は街中に繰り出して、飲む、打つ、買うの三拍子
いや今様(今なら歌謡曲?)の四拍子と遊びほうけている人だったようです。

そんな社会から武士も階級社会を作り上げ、貴族や公家に代わり天皇を頂点とする、力による
平和な豊かな社会を築こうとしたのが平清盛、天皇を排除し武士がトップに出ようとしたのが
源頼朝だと思えるのです。


同時期に仏教に疑問を持って、仏とは上流階級の物か、いや庶民を含めた全ての人の物で
あるはず、そう考えて新しい考え方を広めたのが、法然と親鸞なんですね


思い出したのが「他力本願」と「自力」と言う言葉
去年、京都博物館で「親鸞展」を見たときさっぱり分からなかった
唯一つ覚えた「他力本願」と「自力」についても、なにか違ってる様子
もう一度、あの展覧会を見たいなという気持ちになってます。

最初の平安時代と現代とは何がどう違うのか・・・まだまだ掛かりそうです。


どうでもいい話は置いといて、次も参考にならない晩御飯

何時も買い置きしている高野豆腐
今回はチーズも残ってるので、使えるレシピを探してみて作りました。
豚バラ巻きの高野豆腐
015_convert_20121025100129.jpg
作り方は簡単です。
高野豆腐をお湯で戻し、半分に切ってチーズを挟み、外側を豚バラで巻く
そしてフライパンでじっくり焼いて、醤油、みりん、砂糖で照り焼き風に

チーズがはみ出してきて・・・美味しそうでしょ
簡単、安い、美味しいの三拍子でございます。

今日のメニュー
1、豚バラ巻きの高野豆腐
2、豚ヒレカツ(買ってきただけ)
3、芋粥(これ奥さん担当)
017_convert_20121025100216.jpg


ちょいと体重が増え気味
ヘルシー料理で乗り切ろうと言うてます。

そんなん言うんやったら、おやつ買わん買ったらええのに

それは別なんやて・・・・あはははは



ぽちっと応援してね!

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

10:11  |  ┣肉料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

*Comment

登場人物の少ない今日のお話はわかりやすくて
歴史観の無い私にも時代背景が見えてきました!
庶民は大変だったのでしょうね。魚介をとらなければ
蛋白源がほとんどありませんものね。

高野もこうすればメインデッシュです。美味そう♪

ちゅんご |  2012.10.25(木) 18:40 |  URL |  【コメント編集】

どうでもいい話ではありません。とても役に立つお話でした。
有難うございます。
高野豆腐のこのお料理はとても良いですね。
真似出来ま~す。
相子 |  2012.10.25(木) 18:43 |  URL |  【コメント編集】

■ちゅんごさん

こう言う背景を最初に確り伝える事が出来てたら
もうちょっと皆さんも楽しめたかも、って思うのです。
でも今、漸く少しわかって来た位ですから、仕方無いですね。

まだまだ勉強して、HP を書き替えていこうと思います。
メタボ夫婦 |  2012.10.26(金) 09:47 |  URL |  【コメント編集】

■相子さん

時代を大きく見るって大切だと思うのですが
そう言う資料が少なくて、ちょっと苦労します。
でも、自分で作り上げるのも、また楽しいもんです。

高野豆腐、美味しかったです。
チーズとも合うみたいです。
メタボ夫婦 |  2012.10.26(金) 09:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/1302-e1f89e7f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |