FC2ブログ
>
2021年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.10.31 (Wed)

京都 満願時と俊寛鹿ケ谷山荘

先日の平清盛のタイトル、鹿ケ谷(ししがたに)の陰謀


集まったメンバーは後白河法皇と成親、西光、それに俊寛という人がいるのです。
正味の話、山荘はどこにあって、俊寛とはどんな人なのか、本当はよく知らないんです。

この人の山荘に、集まって平家滅亡の話がでたとか・・・・
この事をもう少し知りたくて、俊寛のお寺と陰謀の話がでた山荘跡に行って来ました。

行ったのは10月29日(月)、何時ものように阪急電車に乗って、京都・四条河原町へ
こういう時は、なぜかお腹が空くんですな

歩いて三条まで行って、六曜社のコーヒとドーナッツを食べようと思ったんですが
ドーナッツはお昼からのようで、我慢我慢

仕方なく、三条から平安神宮までまた歩きます。
何時もなら、四条河原町も、平安神宮もかなりの観光客でごったがえすんですが
閑散としていました。
平安神宮も人が居ませんし、タクシーが行列作って手持ち無沙汰
005_convert_20121030210428.jpg
観光で飯を食ってる人には、厳しい状況でしょうね

ここから、また東へ歩いて動物園を越えた辺りで目的地の満願寺に到着・・・の予定なんですが
見当たらず、うろうろしてたら白河院の標識
007_convert_20121030210647.jpg
ここは藤原氏の領地だったらしいのですが、白河天皇(伊藤四朗)に献上され
六つの勝の字がつくお寺が建てられたので、六勝寺とも言うそうです。

その中で白河天皇のお寺、法勝寺がここでその庭園がここに残ってるそうです。
今はお寺は無くて、宿舎が建ってます。

この法勝寺の境内の中に、白河天皇に使えた俊寛のお寺が満願寺ということで
ぐる~~~~と一周して漸く到着

このお寺、日蓮宗のお寺で建物としては、京都でも古い方だそうです。
008_convert_20121030211241.jpg>012_convert_20121030211414.jpg
境内を少し見せて戴きました。
残念ながら、僕の知りたい俊寛の事は書いてなかったです。

それでも良く見たらありました、俊寛の碑
「俊寛僧都故居之碑」と書いてありました。
017_convert_20121030211108.jpg
ここが俊寛の家やったという事なんでしょう

この辺り、もうひとつ変った事
この付近なぜかラブホテルが多いんです。
閑静な住宅街なんですけど、周りに合わせた低いホテルなんですけどね
どうしてここ?ってのが不思議

白河天皇が女好きやったなごり・・・・あははは、怒られるわ


ここから、俊寛山荘に行ってみました。
また歩いて、哲学の道に向かいます。

普段はバスを利用しますので、ここを歩く事なんかないのでちょっと不安でしたが
直ぐに標識石が見つかって一安心
019_convert_20121030211753.jpg
なんとここに、次の大河ドラマ「八重の桜」の主人公、新島八重の旦那さん
新島譲先生の墓があるのですね・・・なんでも繋がりますね

ココから、哲学の道に到着してして少し歩きます。
ここは桜が素晴らしく、僕が一番好きな所で毎年来ています。
027_convert_20121030212026.jpg024_convert_20121030212115.jpg
今日は紅葉なので、ご夫婦がパラパラと楽しんで歩かれてましたが
桜の季節は、観光バスで大勢の方が来られますので、平日の早朝がお勧めです。
猫もいっぱいいるのですよ・・・あははは

さあ、こっから山荘の碑までが分からない
山荘はもう無くて、碑だけが残ってる状態らしいのですが、それを見に行こう
と行ってるのです。でも地図には載ってないんです。

ブログとか資料で、この辺りってのだけは分かっているのですが
まずノートルダム女学院に行こう、でも道がさっぱり・・・山ですからね

半分諦めてたら、道が見つかりました。
そうしたら、ありました、ありました標識石
029_convert_20121030212403.jpg
こんなとこ、誰も歩いてません。
それに見るだけでも凄い坂

モデルさんも一生懸命歩いてます・・・・あははは
登っていくと、更に勾配がきつくなるんです。
途中で後ろを振り返ったたら、ほら、向こうに京都の街が見えるでしょ
030_convert_20121030212623.jpg032_convert_20121030212717.jpg
えらい、歩いてきましたわ

もう到着するやろ、と行くのですがなかなか、その碑がありません。
そうすると、また標識石がありました
間違ってません・・・・合ってるんですが、この先道が何かヘン
035_convert_20121030212935.jpg
真っ直ぐ歩いてみたんですが行き止まりで、また戻ってきて思案です。


ん~ん、どこなんやろ
半分諦め気味、そこで標識の上を見たら何か書いてます。
034_convert_20121030213044.jpg

これがその道?
033_convert_20121030213150.jpg
これが道か・・・と思いながら進んだんですが、ちょっと無理
また戻りました。
なにせ、誰とも全く会いません。

戻ろうとしたら、この道から女性が下りてきました。
「俊寛の碑はこっちですか?」
と聞くと、そうだという
30分も歩けば滝があって、その向こうに碑がありますから行ってみたらいですよ

しかも、ここはまだ下だから上に登ってっと教えて貰いました。



今日は無理、この後のもう一つの楽しみランチが食べれない
諦めて戻ることに決めました・・・・・根性なし!

でも良かった、急な下り坂で足がパンパン状態
再度、準備万端でもう一度挑戦したいと思います。


おいしいランチと甘味処は・・・明日ね!!!


テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

09:25  |  ┣京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

*Comment

健脚ですね、ここは何処に行くにも車なのでいかんですね、だから下駄代わりの軽が大抵の家に有るんですよ、それに軽トラが多いんですよ お子さんが高校生だと自転車を軽トラに積んで走ってる親子多いですよ
私も歩かなくちゃ腹回りが出てきたからな~
EGUTI YOUSUKE |  2012.10.31(水) 17:26 |  URL |  【コメント編集】

凄く歩かれたのですね。平安神宮があんなに人がいないのが不思議な位ですね。
俊寛と言うと髪振り乱し全身これ鬼気迫る姿で、手を伸ばし船を追うのが目に浮かびます。
明日は美味しいランチと甘味処ですね。楽しみにお待ちします。
相子 |  2012.10.31(水) 18:50 |  URL |  【コメント編集】

■EGUTI YOUSUKE さん

昔は、車があったので京都も車で来ていました。
でも今は車が無いので、歩く事が基本になってます。

車が無い方が、実は便利
駐車場探さなくていいし、移動中でも寝れますし
電車賃も、神戸ー大阪ー京都は特別運賃になっていて安いのです。

一番いいのは何時でも酒が飲める・・・これが一番です・・・あははは
メタボ夫婦 |  2012.11.01(木) 07:35 |  URL |  【コメント編集】

■相子さん

俊寛をご存知でしかた
流石、相子さんですね

僕は勉強不足で、まだ詳しい事を知りませんので
また追っかけたいと思ってます。

この位のレベルの話になると京都学検定の問題にも
出てくるようで、検定・・・・考えてます(笑
メタボ夫婦 |  2012.11.01(木) 07:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/1308-cc9dcab5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |