FC2ブログ
>
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.12.02 (Sun)

平清盛「宿命の敗北」

いよいよ頼朝が立ち上がり、年老いた清盛、何かが狂ったのでしょう
誰もが知ってるように、平家は滅び源氏の時代になるのです。

頼朝は清盛を見て、自分の政治にどう活かしたのでしょう
この辺りは、よく分析して今の時代に活かさなければ、と思うのであります。


番組のあらすじはNHKのHPからご覧ください⇒

前回までの解説と新相関図はこちら⇒


頼朝の挙兵に対し、清盛は頼朝追討命令を出すのです。

その頼朝、このままじっとしていたら平家に殺される
だから頼朝としては戦うしか方法は無かったのです。

北条時政の力によって、平家方の山本兼隆を滅ぼしました。
その事によって伊豆を手中にし、更に勢力を伸ばすため三浦一族と合流するため
三浦半島に向かうのですが、その途中、石橋山で平家方と戦い圧倒的数の差で負
けてしまうのです。

この時の戦った相手方に熊谷直実が平家方として居るのです。
神戸で熊谷直実と言えば有名で、一の谷の合戦で平敦盛と一騎打ちをした武将
gennpei.jpg
須磨寺HPより・・・・自分で写真撮ったのが見つからず
なんで最後まで平家の味方してくれんかったん???・・・あははは

話が逸れましたが頼朝は負けた後、必死に山中を逃げ船で房総半島に到着します。
そこで上総、千葉を味方にし、北上して更に味方を拡大して行くのです。

ここは戦いで勝って拡大していくのではなく、反平家の源氏方が結集していったのでしょう。
それが出来たのは父・義朝が源氏棟梁として板東武者を束ねていたお陰で、その恩義で
短期間に勢力を整える事が出来たのです。

頼朝はこうして源氏が再び立ち上がれたのは、父・義朝あってのことと義朝を弔う為に
鎌倉に勝長寿院を建て、世話になった石清水八幡宮を勧請した鶴岡八幡宮を建てるのです。



一方の平家は強引な福原遷都に、慣れない高倉上皇は病に倒れ、周りはますます京の都に
帰る声が強くなるのですが、清盛は全く聞き入れません。

反平家は関東のみならず、九州、四国でも起き始めて平家としては何とかしないといけない
状況になって来ました。そんな中、清盛は孫の維盛、忠度らを大将とする大軍を送り、頼朝
討伐を行うのですが、その戦いが有名な富士川の戦いなんですね

まず、京で出発準備を整えようとしますが、なかなか上手く揃わず出発が遅れます。
そして途中で合流するはずの軍も、源氏方に阻まれ体制が整わず大戦となるのです。

その数、平家は2000騎、対する頼朝軍は40000騎と圧倒的な差
そして平家軍には食物が満足になく意気消沈、怯えてる状況でした。

平家軍には奇襲攻撃が得意だった源氏の姿が浮かび上がってくるのです。
そんな夜、富士川の水鳥が一斉にバタバタと飛び立ち、その音を源氏の奇襲攻撃と思った
平家軍は恐ろしさの余り逃げてしまい、戦わずして負けるのです。

そんな時でも清盛は、厳島神社へ参詣しており実情が把握出来てなかったのでしょう

清盛は帰ってきた維盛に激怒し、維盛を流罪、伊藤忠清を死罪に命じるのですが
平盛国に諌められてようやく思い留まったのです。
平家の棟梁でもある宗盛は、京へ戻るよう清盛と言い争い、結局清盛は福原を諦め
還都を仕方なく受け入れたのでした。


世論を無視した強引なやり方というのは、何時の時代も滅びるのですね



参考になったら、ぽちっと応援してね!

テーマ : 雑記 ジャンル : 日記

09:40  |  平清盛解説&ゆかりの地  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

今日の解説良かったですよ、特に最後の締めが良かったですね
丁度選挙戦の最中ですから候補者にも響いたかな
褒めっぱなしで終らないのが私の特徴(笑い
マスコミに誘導された世論ならこれまた怖しですよ
EGUTI YOUSUKE |  2012.12.02(日) 11:17 |  URL |  【コメント編集】

■EGUTI YOUSUKE さん

技術は確かに進歩したけど、人間の持ってる特性や
基本的な欲望は昔も今も変らないと思うんですよ

だから歴史を分析していくと、今の世の流れが見えてくる
そんな気がします。
メタボ夫婦 |  2012.12.03(月) 08:32 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/1336-8a9edc96

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |