FC2ブログ
>
2021年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2012.12.23 (Sun)

平清盛「遊びをせんとや生まれけむ」・最終回

あ~~今日が最後でございます。
最後の清盛見たってね~~~~

番組のあらすじはNHKのHPからご覧ください⇒

前回までの解説と新相関図はこちら⇒

ドラマの進行とこの解説がずれていますが、そこはほれ、大目に見てください(笑
最終回は総まとめみたいなところがありまして、源氏の頼朝や義経の事を簡単に触れて
終わるようです。だから最後の解説はさっと飛ばすところを中心にしたいと思います。


先週登場した源氏の木曽義仲は、同じ源氏の源範頼、義経(どちらも頼朝の兄弟)に滅ぼされてしまいます。
ここで後白河法皇は源頼朝に対し、平家追討と三種の神器奪還の命を出すのです。

頼朝は、1184年2月に範頼には5万6千騎、義経1万騎を与えて京を出発させました。
一方、後白河法皇は福原で清盛の法要をしている所に使いを出し、源氏に戦わないよう御触れ
を出したので、和平せよと騙すのです。
義経は、源氏はやる気を無くして帰った等と噂を町に流し、平家を安心させたのでした。
義経は喧嘩に強いだけじゃなく、策略家だったんですね

平家はそれを信じてしまい・・・・不意をつかれてしまうのです。

その様子は以前の記事⇒一の谷合戦をご覧ください。

同じ事を書いても仕方ないので、ここでちょっと疑問です。
5万6千騎てどんなけ?・・・騎士ですから馬に乗ってるんですよ
平安時代の道の主要道は道幅10mくらいらしいので、簡単に計算すると3kmの行列

トイレどうすんの?食い物に水に、纏まって走られへんのちゃう
疑問が多いですけど、ま、主要の山陽道ですから許そうじゃないですか

でもね、義経が1万騎で来たというのが京都から山中を通り、神戸からまだかなり西の山中にある
三草山で戦い勝利して、戻って一の谷合戦なんですね

義経が知らないはずの山の獣道を1万騎連れて来た?、そんなバカな
現在でもその道は写真で見ましたが巾が1m位の山道です。

かなり数にさばを読んでますな
そうなると全然話が違ってくるのです。
戦うには数が勝負の時代でしたから、源氏が不利なのです。

だから義経は、平家のスキを付いて急襲する必要があった
その場所は、不意をつける場所となる。だからそれは、今の鵯越なんですね

それが僕が前に書いた記事なんです。
この様に、この戦い全てが?????で実態が分からないのです。

ただ源氏が勝って、平家は屋島に逃げたのは事実で、そこから義経が後白河法皇の許可を貰い
再び平家を追い詰め、屋島から壇ノ浦に逃げる平家を滅ぼすのです。

このとき安徳天皇や主要な武将は海に飛び込み自殺しましたが、おろおろしてたのが
棟梁の宗盛だったようで、他に時忠や南都焼き討ちした重衡が源氏に捕らえられてしまいます。

実はもう一人平家で生き延びた人物がいるのです。
それはこの戦いに参加しなかった池の禅尼の子、平頼盛なんです。

元々清盛には不満があったため、頼朝は都落ちの際に頼朝と一緒に鎌倉に行ってます。
頼朝は自分の命を助けてくれたのが池の禅尼なので、その子である頼盛を大事にしたそうです。

一方、頼朝はこの戦果に従二位へ昇進したんですが、他の者が昇進するのに自分への相談が
無かったと怒ります。義経は宗盛らを連れて鎌倉へ凱旋しようとしますが、義経の勝手な
振る舞い(頼朝にとって)に怒り、鎌倉入りを認めず、それに怒りを表した義経を自殺にまで
追い詰めたのでした。

頼朝は、喧嘩に強くて策略家であった義経が一度も負けなかった事が怖かったんでしょうね


こでれ終わりでございます。
ま~酷い文章と誤字なんかもうえに、説明も文書が多く分かり難かったと思いますが
最後までお付き合い有難うございました。

神戸もこれで清盛観光が無くなるのでしょうか?
いや根性据えて続けるか、さてどっち????




ぽちっと応援してね!




<お知らせ>
もーりーさんが頑張ってる、おかずの星、最終決戦がスタートしました。

モンテローザグループのお店に行って、ぜひ注文してくださいね
白木屋・笑笑・魚民・千年の宴
(期間 2012年12月6日~2013年3月4日)

ここをポチ⇒おかずの星





テーマ : 雑記 ジャンル : 日記

11:15  |  平清盛解説&ゆかりの地  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

一年間、お疲れ様でした。

テレビを見ていないので、メタボさんの解説と、
新平家物語を読んだだけの感想ですが、
清盛は家族を大切にする立派なお父さんだったのでしょう。
子供達はそれに答えられず滅亡へと行ってしまいましたが・・・。
頼朝は弟の義経の存在に脅えて追い詰めてしまい、
人間としてどちら?と聞かれたら私は清盛のほうが好きです。

さて、来年はどんな連載をされるのでしょう?楽しみです。

daniel mama |  2012.12.24(月) 03:03 |  URL |  【コメント編集】

■daniel mama さん

お付き合い有難うございました。

見方はいろいろ有るでしょうが、清盛は仰るとおり
家族を大切にした親父でしたね

頼朝は、殺される一歩手前の状態が何度かあったので
それを避けるため、身内でも殺してしまったのでしょう
でも、そういう評価はされてませんわね

神戸の基を築いてくれた清盛を応援してくれて感謝です。
また来年は何かやりたいと思います。
メタボ夫婦 |  2012.12.24(月) 08:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/1356-c91cb06f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |