FC2ブログ
>
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.01.23 (Thu)

京都・嵐山 旧嵯峨御所 大覚寺

昨日は天気予報で京都にも雪が降るかも、って言ってました。
雪の京都の写真を撮りたい
そう思ったものですから、昼前から出掛けてきたのです。

嵐山方面か東山か、どっちにしよう
ま、雪が無いかもしれないので、雪が無いことを想定して、まだ中まで確り見ていない大覚寺
のある嵐山にしようと決めました。

嵐山に着くと、綺麗に雪一つ無い晴天・・・・あ~あ(笑)

仕方ないですね、渡月橋を渡って嵯峨野に向います。
観光客が少なく、団体さんが全く居ませんので、お店も閉まってる所が半分位有りました。

竹林も無視して真直ぐ大覚寺へ

到着すると、冬の平日だからでしょうね、全く誰も居ません。
これで雪があれば最高なんだけどな(まだ言うか・笑)
IMG_3702_convert_20140123121205.jpg

ずっと進んで行くと大覚寺の門
大覚寺は真言宗大覚寺派の山門で、平安時代の初期には嵯峨天皇の離宮嵯峨離院だったところです。
IMG_3705_convert_20140123121404.jpg

参拝料を収めて、中に入るといきなり大玄関
狩野永徳「松に山鳥図」の屏風絵をバックに、天皇が使用した御輿が飾られてました。
普通、こういうところは撮影禁止ですがここは一部を除いてOK(レプリカで本物は別に保管してます)
IMG_3738_convert_20140123121928.jpg

中に入っていくと宸殿
ろうかを歩くとキュッキュッと鳴るうぐいす張り、大勢の人で歩くとよく分かりませんが
一人で歩くと、その音には風情がありますねぇ
IMG_3706a_convert_20140123121449.jpg

その向かいには勅旨門が見える庭園
真ん中の木は枝垂れ桜で、春には綺麗に咲くのでしょうね
IMG_3723_convert_20140123122117.jpg

ここは右側が正寝殿
部屋が小さく区切られてて12の部屋があるそうです。
IMG_3714_convert_20140123122254.jpg

ここに襖には夫々可愛い絵が書かれていて、これは「野兎の図」
ちょっと可愛い感じがするでしょ
IMG_3719_convert_20140123171645.jpg

そして「村雨の廊下」
この廊下は天井が凄く低く、1m80位じゃないでしょうか
昔、刀や槍を振り上げられられないようにするため、低くしてるらしいです。
IMG_3718_convert_20140123122549.jpg

霊明殿に向かう廊下
足が冷たい、こりゃ足袋でないとアカンのとちゃう?
足袋も履けなかった人は大変だったでしょうね
IMG_3722_convert_20140123123024.jpg

ここから見える大沢池
カモが気持ちよさそうに湖面を泳いでいましたが、春には蓮の花なんかできれいなのでしょうね
IMG_3733_convert_20140123123227_20140123123305c43.jpg

ゆっくり見て廻って帰ろうとしたら3時半
戻って竹林を見て阪急嵐山から帰ろうか、それともバスで四条烏丸まで行って
錦市場で焼き牡蠣で一杯ひっかけて気持ちよく帰ろうか

一瞬迷ったけど、せっかく来たのに真直ぐ帰るのもね・・・バスを待つことにしたんです。
そしてバスに乗って、ウキウキで錦市場に行ったら・・・・なんと牡蠣の大安は休み

ショック、ショック・・・あ~~~ショック
帰って晩御飯も食べなアカンのに、別の店で長居は出来ませんがな

どうも水曜日は定休日の店が多いみたいですので、皆さんも要注意でっせ!


ポチっと応援してね!

テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

17:45  |  ┣京都  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)  |  編集  |  Top↑

*Comment

冬の京都はしっとりとしていて風情がありますね。
ダンディーな会長の散策する姿を想像しました…

もんじゃは家庭でもできるんですね。
我が家のホットプレートは焼肉専用で
焼面の凹凸がきついので無理そう…
もう15年ぐらい使ってるから買い換えようかな~
ちゅんご |  2014.01.23(木) 19:13 |  URL |  【コメント編集】

■ちゅんごさん

いや、ダンディーじゃないですけど(笑)
ゆっくり見れるのがいいですね
次回は、きっちり雪のシーンを撮ろうと思います。

もんじゃ、家で出来ますよ
フラットなホットプレートがあればお好み焼き感覚です。
ご家族でワイワイとどうぞ(へ。へ)ζ
メタボ夫婦 |  2014.01.23(木) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

お早うございます
京都でも行った事のない旧嵯峨御所と大覚寺を案内して頂きました。
京都は矢張り古都 見どころ沢山あり、お出掛けに事欠かないですね。
綺麗な写真を見せて頂き有難うございました。
相子 |  2014.01.24(金) 07:50 |  URL |  【コメント編集】

おはようございます。

京都 本当にお好きなのですね。
嫌いな人はいませんよね。(;^ω^)

刀や槍を振り上げられられないように天井を低くしているの
私も何かの本で読んだことがあります。
昔の人は背が低いからだと思っていたのですが 大きな勘違いでした。(;^ω^)

錦市場で牡蠣!
食べれなかったのは残念ですね。
冬だと錦市場そういう楽しみがあるのですね。
私が行ったのは夏でしたので 暑さで食欲が・・・笑。

寒そうですが こんな廊下を歩くと 心が落ち着きそうですね。
mon tresor 2007 |  2014.01.24(金) 10:40 |  URL |  【コメント編集】

■相子さん

もっと沢山お見せ出来たらいいのだけど
今年は、もう少しグレードアップに挑戦してみます。

京都はいい所が多いのですが、なにせ人が多いのが残念
でもこの日は殆ど人が居なくて、ゆっくり楽しめました。
春や秋はもっと綺麗だろうと思いますので、その時期にも
行ってみようと思います。
メタボ夫婦 |  2014.01.24(金) 11:11 |  URL |  【コメント編集】

■mon tresor 2007 さん

当時の人は確かに背が低かったようですが
それだけではなくて、こういう理由があったみたいです。

錦市場でお酒も飲めて、ちょいと食べてとなると大安が最適です。
この日は半分近くが休みでちょっと残念でした。

京都もかなりウロウロしてますが、それでもまだ行った事が無い
所もありますので、楽しんで食べてこようと思います。
これから暖かくなって桜の季節ですから、また楽しみですね!
メタボ夫婦 |  2014.01.24(金) 11:17 |  URL |  【コメント編集】

冬のお寺の廊下 寒そうですね。吹きっさらしですからね
今は建てればこういう感じの廊下はさすがにないな 寒修行でしたね
EGUTI YOUSUKE |  2014.01.24(金) 12:58 |  URL |  【コメント編集】

京都は雪景色が似合うように思います
シンシン・・と降り積もる雪
これがまた風情あるんでしょうね
こちらの雪を少しわけて差し上げましょうか^^;

板張りの廊下、確かに冷たいでしょうね
昔の方は冷え性だったりシモヤケだったり・・・って事はなかったのかしら?
素足であの廊下、なにかの罰ゲームにしか思えません^^;
ふぶき |  2014.01.24(金) 15:51 |  URL |  【コメント編集】

■EGUTI YOUSUKE さん

冷たいですね
でも足袋を履いてたらどうなんでしょ

確かに今の家にはこんなの無いですね
メタボ夫婦 |  2014.01.24(金) 20:46 |  URL |  【コメント編集】

■ふぶきさん

雪を分けて頂いて、特別雪景色・・・別料金(笑)
これなら雪も喜ぶのに・・・あはははは

ここは雪が降っても少ないから、まだ出来るのでしょうね
でも東北でもお寺はあるでしょうから、どうしてたんでしょ

雪の中を裸足だったんでしょうか
今なら完全にイジメになっちゃいますね
メタボ夫婦 |  2014.01.24(金) 20:50 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは~。
京都、雪じゃなくて残念でしたね~。

大覚寺の中の様子、とてもよく分かりました。
何だか私も行った気分になりましたe-446

また雪の京都の写真、楽しみにしていますe-343
ニコナッツ |  2014.01.24(金) 21:36 |  URL |  【コメント編集】

■ニコナッツさん

大覚寺、楽しんで頂けましたか
雪があれば、尚、風情があるのですがね

2月位にまた雪が振る寒い日があるだろうと思ってます。
その時には、また行って写真を撮ってきますよ
メタボ夫婦 |  2014.01.24(金) 22:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/1687-e37ba603

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |