FC2ブログ
>
2021年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011.05.05 (Thu)

富士丸と筍料理

pray4j[1]



昨日は散歩をしてる途中、神戸港に客船が停泊しているのが見えました。
日本の客船の富士丸ですが、乗船している人が、普通の人に見えたんです。

偏見なんですが、ああいういい船に乗る人って、お金持ちでいい服着て
なんて勝手に思ってるもんだから、ひょっとして試乗会かな???
乗れるかも・・・なんて思って行ってみたんです。

そうすると、船がちょうど出港するところでした。
あの銅鑼が鳴るシーンが目の前で行われ、なにか夢がふわっと・・・
016_convert_20110504215442.jpg

船には沢山の人が乗ってて、神戸港の出港を楽しんでるようでした。
シャンパンかワインを配ってて、またテープを港に向かって投げてます。

これがなかなか届かなくて、半分しか届かない人も
でも、成功するとワァ~と歓声が沸くんです。
ホンとに楽しんでるようでした。
015_convert_20110504215737.jpg

僕達も別に知り合いが居る訳でもないのですが、一緒に見送ろうと
見てたんです。
そうすると白いテープが飛んできて、それを奥さんが持つ事になりました。

その元のテープを持ってられたのは、老夫婦でした。
恐らく係りの人が、代わりに投げて持たれたのだと思うのですが
お話をお聞きしたいので、連れてって~~~
だめか・・・ガクッ
017_convert_20110504215834.jpg

いよいよ出港
船はタグボートを使わず、自力で横に動くんでね
びっくりしました。
船らしく、ゆっくり時間が経つような感じです。
018_convert_20110504220126.jpg

楽しい時間と旅を満喫してくださ~い
次の寄港は・・・横浜かな
023_convert_20110504220237.jpg
僕達も歳をもっととれば、行けるようになるのでしょうか

・・・・絶対無理! どことなく聞こえてきました(笑)

富士丸、飛鳥Ⅱのパンフレットだけ持って
夢をみさせて戴きました。



今日の晩御飯
昨日下処理した筍料理
ちゅんごさんのおあばちゃんが作ってた、旬の筍づくし
http://masumasutokusima.blog115.fc2.com/blog-entry-575.html
を参考に挑戦してみました。

まずは、筍の揚げ出し
筍は非常に柔らかいので、さっと揚げました。
だけど盛り付けが難しいな

出し入れすぎちゃう
026_convert_20110504220903.jpg

つぎに若竹煮
ほんと柔らかくて美味しいです。
でもワカメの色がちょっと悪いね
ちょっと煮過ぎかな
027_convert_20110504221004.jpg

この後は、筍ご飯なんですが
なぜか上手く炊けませんでした。
ご飯と具は別々に料理して、最後に混ぜるべきだったのかな
でもレシピ集では、一緒に炊くと書いてるし???
油揚げが水分を吸ってしまって、水不足が原因か?

失敗は成功の母、そんな事ばかり言ってます。
ま、おばあちゃんのをもう一度見ていただいて
お許しを!!!


今日のメニュー
1.筍の揚げ出し
2.若竹煮
3.ポテサラ
4.大根おろし
031_convert_20110504221106.jpg
大量に残った、筍ご飯の失敗作

どうしよう!
水を加えて、レンジでチンはいかがかな
少しだけ取り出して、やってみたらなんとか食べれる状態に

夜中に食べたものだから、また増えたぞ・・・体重が
連休は動かず食べる・・・これ体に悪いアルヨ・・・トホホ


ポチツっと応援して頂けたら、大変嬉しいです。

テーマ : +おうちでごはん+ ジャンル : グルメ

09:03  |  ┣野菜料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■載ってみたいな 豪華客船

本当ですよ 一度は乗ってみたいと思いますが、無理ですね
筍づくし美味しそうですよ
筍御飯失敗は痛かったですね

又再挑戦に期待しポッチン
EGUTI YOUSUKE |  2011.05.05(木) 13:54 |  URL |  【コメント編集】

■ご無沙汰です。

横浜と言う有名な港の在る神奈川県民ですから、やはり「船」には反応してしまいます。
船には乗りたいですし、船に乗って他所の国へ行きたいと常々思っているのですが、船酔い・・・

16年くらい前に東京から北海道苫小牧へフェリーで今も健在のminiを連れて行った事がありましたが、それはもう大変でした。
36時間くらいでしたが、カミサンは、乗船して直ぐにリタイア。
私もほどなくダウンしたかったのですが、当時1歳の息子は船酔いなんて関係無し。
こちらは元気な息子の相手をなんとか努め北海道 苫小牧港へ辿り着いた。と言う苦痛だけが思いでなのでした。
帰路は釧路から東京迄これ又フェリーでしたが全く元気だったんんですが・・・
cooper |  2011.05.05(木) 21:42 |  URL |  【コメント編集】

■ためいき・・・。

豪華客船の旅、夢のまた夢ですわい。
去年行こうと思っていた、阪急交通の2.9万円の旅も見送ったワシやでー!
私も晴海から出る豪華船の知人を見送った後、縄暖簾の酒場で無茶苦茶、飲みました。

「紙テープ投げて悔しき出船かな」
句まで作ってしまいました。
ナハ、ナハ、ナハハハ・・・。
NANTEI |  2011.05.05(木) 21:47 |  URL |  【コメント編集】

こんばんわ~♪

豪華客船の旅・・・いいですよね~><
私ももっと歳をとったら行きたいけど・・
・・・・絶対無理! 私もどことなく聞こえてきました(笑)

我が家も今日、旬の筍を頂いたのですが
大きすぎて鍋に全然入りませーーん><
切るのも一苦労です(笑)
マムチ |  2011.05.05(木) 23:54 |  URL |  【コメント編集】

■EGUTI YOUSUKE さん

日本にも、いろんな人が居るんですね
お金持ちはやっぱりお金持ちだ・・・当たり前(笑)
優雅な旅、一度はやってみたいですね

筍ご飯は、何とか食べれるようにやり直し
できました。
まあまあ美味しい~~です。
メタボ夫婦 |  2011.05.06(金) 08:49 |  URL |  【コメント編集】

■cooperさん

お久しぶりです。
フェリーは確かに揺れますよね
あんなに大きな船でも同じ位揺れるのでしょうか
酔うと最悪ですね、降りられないですから。

服もフォーマルとカジュアルを用意せよと書いてました。
ま、あれやこれやと考えてるのが楽しいのでしょうね
メタボ夫婦 |  2011.05.06(金) 08:56 |  URL |  【コメント編集】

■NANTEIさん

しみじみと感じますな
サービスで全員連れってあげる
・・・・てのは無いか(-_-)ノシ・・・ハァ・・

千葉へ遊びにいったつもりで、南亭師匠の
里山の写真観て、楽しんどきます。

と、いいながら奥さん、早よロト6当てて~~
1000円ちゃうで、2億やで(笑)
メタボ夫婦 |  2011.05.06(金) 09:10 |  URL |  【コメント編集】

■マムチさん

いや、いや、いや
マムチさんなら、アイデア料理で一発あてて
みんなを連れて、勿論僕達もお供させて頂いて(笑)
世界旅行・・・・いいな~

筍、ほんと大きいですね
僕は大きな鍋を今回買いました。

それなのに失敗するか・・・・
でも、ルクエで助けて貰いました(*^ワ^*)
メタボ夫婦 |  2011.05.06(金) 09:19 |  URL |  【コメント編集】

あれまぁ~ 筍ご飯残念でしたね・・・

ちなみに奥さんの解説では、細かく切った具を
出汁と薄口醤油と酒で薄味に軽く炊いてザルに取り、
粗熱をとります。
洗って水気を切った米に、具の煮汁を普段お米を炊く分量加えます。
後は好みの量の具と昆布を乗せて炊飯するだけだそうです。
炊き上がったら昆布を細く切って良く混ぜます。と出来上がり・・・

筍ご飯の時には、香りの強い具は使えないので
鶏肉とエノキ・薄揚げ・人参を控えめに入れるようです。
具を炊いたあとにザルで具と煮汁を分離して
正確な水分量にするのがポイントだそうです・・・
懲りずにまたチャレンジしてくださいませ!

ちゅんご |  2011.05.06(金) 22:04 |  URL |  【コメント編集】

■ちゅんごさん

丁寧に教えて頂いて、有難うございます。 
ん~ん、その様にしたつもりだったんですが・・・

これは、推測ですが
筍と油揚げの量はレシピよりちょっと少なめにした
つもりでしたが、かなりの量
煮汁と水で通常の量にしたら、炊いてる時に
油揚げが再び、水分を吸収したんでは無いかと
考えました。

失敗したのは、水を加えレンジで過熱すると
普通に食べれました。

まだ、筍残ってますので一合炊きで再挑戦です。
とにかく、いろいろやってみなくては・・・ですσ(゚ー^*)
メタボ夫婦 |  2011.05.07(土) 08:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/823-1b29d0d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |