FC2ブログ
>
2021年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2011.05.13 (Fri)

奈良 興福寺

pray4j[1]

今年の初めに平清盛の記事を書いて、神戸観光を紹介するって書きました。
でも、まだ一回も書けてません。

何もしてない事は無いんですが、難しくて遅れが出そうです。

ネットで文献を調べながら、ストーリーを考えてたんですが
言葉、出てくる人の名前や家系等が複雑でイメージ出来なく
困ってたんですが、本屋で単行本を見つけたので読んでみました。

少し分かりやすく物語的に書いてて、多少理解できましたので
最初の記事として書くことにしました。
037_convert_20110513200429.jpg

この物語は、こんな話から始まります。

清盛が初戦で勝利したとき、捕らえた海賊の娘が
前に出て清盛に訴えた
「海賊働きせねば、食べていけぬ者たちは、どうすればよいのじゃ」
そして
「都の公卿たちは、毎日毎夜、宴を張り、恋文をとりかわしたりして
 遊んでいるそうな。公卿たちには、飢餓に苦しみ、子供が目の前で
 餓死するのを、黙って見ている親たちの苦しみなど、なにもわかるまい。

 その公卿たちの下知を受け、平家や源氏の武士たちは、大そう働い
 ているそうな。いずれも目の前の立身出世を望み、一族の栄えるのが
 目当てにて、いのちがけで戦っている。やがては朝廷に用いられ
 公卿と同じような毎日を送りたいのが、そなた達の夢であろう」

部下は、娘の首をはねようと言ったが清盛は
「この娘の言ってることは、尤もだ
 しかし、人を襲い金品を奪ってはいけない
 京に連れて帰って、分からせよう」

後に、この娘の影の力も加わり、清盛は成長していったのです。
願いは、平家の力によって争いのない京の都にしたい
その思いだけであったのです。

何か今の世にも通じるような話です。

その、京の争いとは
主に興福寺と延暦寺を指していたのです。 

僕は、神戸での清盛ゆかりの地を紹介をするつもりなのですが
神戸の福原遷都を実際ご存知の人は、少ないと思うのです。
神戸学検定の教科書でも、清盛が神戸の福原で行った事は書いてますが
その前後関係は書いてません。

そこを知らないと、本当に説明する事は無理じゃないかと思ってました。
何故に、神戸に都をもってきたのか?
何故、半年しか持たなかったのか

それより、清盛はどんな人物だったのか?
分からないことばかりです。

この本に登場するのは
1.京の都
2.比叡山延暦寺(滋賀)
3.南都(奈良)興福寺
4.福原(神戸)
5・厳島神社(広島)
6.大宰府(九州)
7.一の谷(神戸)
8.壇ノ浦(下関)

それぞれを自分の目で見ることが、大切じゃないかと思い
今日は仕事休みなので、最初に奈良の興福寺へ行ってきました。

行ってみると、鹿が早速お出迎えなのですが
やっぱり、綺麗なお嬢さんがお好みなのでしょうか
015_convert_20110513200654.jpg

久々に見ました五重塔
014_convert_20110513200820.jpg

東金堂
016_convert_20110513200923.jpg

昔は寺の僧侶は力を持ってて、今では考えられないんですが
争いごとの主役だったそうです。

それは、国宝館へ入ったとき、国宝の板彫十二神将立像が
あったのですが、どれも剣を持っているのです。
製作が平安時代のものですから、やはりお寺と剣は関係があったのでは
ないかと思うのです。


その興福寺を、清盛が亡くなる直前に息子の重衡に命じ
全滅させた。その時猛火によって、女子供も大勢いたので
後で助けようとしたが、火が強く助ける事が出来なかった。

それを聞いた清盛は、
「重衡は悪くない、自分の責任である
 わしはこれまで、仏に対しての供養、おこたらぬつもりであったなれど
 南部の二つの寺を焼いたる罪にて、極楽へは参れまいの。
 死出の山をただひとり、地獄へ向かうと思えば、心細く思うぞ」

何が言いたいって???
平清盛は優しい人だったんですよね

なかなか説明は難しいです。
訳のわからない記事になりました・・・あはは
でも、最後は福原遷都と美味しいお店紹介を完成させますよ


 
ポチツっと応援して頂けたら、大変嬉しいです。




テーマ : 行ってきました! ジャンル : 日記

20:11  |  ┣奈良  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■先生!

とうとう歴史を料理し始めましたか(笑)。
豪華そうやなあ(^^)。
大いに楽しみですー。

ところで昔、「さつまのかみ」という言葉がありましてん。
清盛の弟、平忠度(ただのり)の官位が薩摩守だったことから、
無賃乗車のこと(ただ乗り)と言いましてん(あはは)。
NANTEI |  2011.05.14(土) 08:57 |  URL |  【コメント編集】

■平家か

平家って考えてみれば悪の権化のような感じで源氏と比較されているんですね。
誰しも最初は志高かったんだ。ハトポッポ・アキカンも同じだったんだな
みんな初心を忘れるなってこんだ

面白い歴史にポッチン
EGUTI YOUSUKE |  2011.05.14(土) 10:37 |  URL |  【コメント編集】

■NANTEIさん

この話、南亭さんのジョークかなと思ったんですが
昔からある話なんですね
いや、勉強になりました。

どっかで、使わしてもらおっと

清盛の話、どう展開していくか
僕にもまだ分かりません・・・あはは
メタボ夫婦 |  2011.05.14(土) 21:13 |  URL |  【コメント編集】

■EGUTI YOUSUKE さん

清盛は悪人として、全国に広がったようですが
神戸では、善人として扱われ悪は源氏だ
なんてやってます。
実際、「源氏を罵る会」ってな事もやってて
一般とは違った感じで捕らえています。

「平家にあらずんば人であらず」ってのも、清盛ではなく
平時忠なんです

清盛が、不味かったのは自分の後継者を重盛だけ
とし、組織として育てなかったのが平家滅亡に
なったんだと思います。

何か、今の政治状況と似通ったところがありますね
メタボ夫婦 |  2011.05.14(土) 21:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ajimeguri780.blog19.fc2.com/tb.php/832-ed9c780f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |